MENU

お気軽にお問合せください

鳩やカラスなど鳥害情報を発信【鳥害タイムズ】

bird control times

シリーズ・ 知っておきたい難燃性ネット(1/3)難燃・防炎・不燃の違い

シリーズ・ 知っておきたい難燃性ネット(1/3)難燃・防炎・不燃の違い

近年、公共施設や倉庫などを中心に
求められることが増えてきた《難燃性》のネットですが、
まだまだ難燃性ネットに対しての誤解も多いようです。
そこで全3回のシリーズで難燃性ネットについて
必要な知識をご紹介してまいります。

『この難燃性ネットは燃えませんか?』

難燃性ネットを扱っていると頻繁にいただくのが、このようなご質問。
もちろん難燃性ネットは火を付ければ燃えます。ただ添加された難燃剤により自己消火性があり、火元がなくなれば火は消えます。そのため火災の延焼を防ぐことができる、といった特徴のネットです。
そもそもこのような疑問を招くのは【難燃・防炎・不燃】といった、似た様な用語があるからではないでしょうか。

【難燃・防炎・不燃】はどれも別の意味

混同しやすいこの3つの言葉。取扱い側もよく理解せずに言葉を使っているところもあるほどです。
まず【難燃】は、原材料に難燃剤を添加するなどして燃えにくい性質を備えた素材で紡糸された仕様といいます。表示上は《難燃繊維》と記載されています。

難燃性ネット。火はつきますが火元を除くと、自己消火性により火が消えます。

 

 

次に【防炎】は可燃性の繊維等に難燃剤を付着加工させ、燃えにくくした仕様です。表示も《防炎加工》と使い分けがされています。消防士の服などは防炎仕様です。

 

 

最後に【不燃。これは字のごとく燃えない仕様をいいます。不燃石こうボードなどがイメージしやすいですね。ポリエチレンなどの石油系繊維のネットではありえない表示といえます。

以上がシリーズ1回目《難燃・防炎・不燃の違い》となります。
2回目はとても重要な《日本防炎協会認定の有無》、3回目には《難燃性ネットのデメリット》について展開してまいります。

防炎製品が「燃え抜けて火災が広がらない」のに対して、
難燃材料は「建築基準法で定められた技術基準を満たしたもの」です。
いずれも不燃(燃えない)ではないことに注意が必要です。

関連記事

人気の記事

最近の投稿

CONTACT US

  • 東京本社
    TEL03-3423-0124TEL.03-3423-0124FAX.03-3423-2034〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-3-15
    東京セントラル表参道2F
    北海道、青森、岩手、秋田、山形、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、長野、新潟、山梨、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知
  • 関西支社
    TEL06-6203-0077TEL.06-6203-0077FAX.06-6203-0087〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町1-6-7
    三星備後町ビル5F
    岐阜、三重、富山、石川、福井、大阪、京都、滋賀、奈良、和歌山、兵庫、岡山、鳥取、島根、広島、山口、香川、徳島、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
お問合せフォームはこちら